宇宙人との交信メロディ誕生秘話とは?未知との遭遇あらすじ、キャスト、ロケ地紹介!

「未知との遭遇」は放映当時、カラフルに発光するUFOや宇宙人が何体も登場するシーンに誰もが衝撃を受けました。

驚いたことに舞台となった山は実在しています。そしてそこで宇宙人との交信の『メロディ』は数学者によって導き出されました!

今回は「未知との遭遇」そのメロディ誕生秘話や実在する山などをご紹介します!

 



「未知との遭遇」で宇宙人との交信のメロディ誕生秘話

この映画で一番印象的なシーンといえば、UFOと交信する時に流れるメロディではないでしょうか?

映画「コンタクト」では電波信号、「メッセージ」では表意文字、「未知との遭遇」ではメロディ、それぞれ異なる宇宙人とのやりとりがあり興味深いですね。

 

さてこのメロディですが、監督のスピルバーグはメロディとは言っていません。ここにスピルバーグのこだわりがあるのですが、それは一体なんでしょうか・・・

メロディはスピルバーグがこだわり。

 

『母船との交信は5音でなければならない!』

「未知との遭遇」の宇宙人との交信メロディの音階は「レ・ミ・ド・ド・ソ」

音楽担当のジョン・ウィリアムスは七音にしたかったのをスピルバーグは却下したそうです。

 

理由は、「母船との交信には5音でなければならない。7音だとメロディになり、3音だと玄関チャイムになるからだ」ということだったそうです。

 

そこで音楽担当のウィリアムは友人の数学者に頼んで12音階のうちの5音の組み合わせを打ち出してもらい13万4000通りの中から200組を選びました。

 

その中から選んだのが「レ・ミ・ド・ド・ソ」だったのです!

なんとも一苦労、二苦労もある音楽作りですが、映画において音は観るものや映画のストーリーにとても影響を与えるからこそ、スピルバーグは音にまでこだわっていたことに私は驚きました。

40年も前の映画ですが、コンピューターの力というものは当時から映画に貢献していたのですね。

13万以上の組み合わせの中から選ぶ・・・・アナログで組み合わせをしていたら、音楽もいつまで経ってもできなかったことでしょう。

「未知との遭遇」交信メロディは人工言語「ソルレソル」

みなさんは『ソルレソル』というのをご存じですか?

民族、地形など文化的背景などによって形成されたいわゆる私たちが使っているのが自然言語と言われるものに対して、人工的に作った言葉という意味です。

『ソルレソル』1817年にフランスのジャン・フランソワ・シュドルよって提唱されました。

UFOとの交信音「レ・ミ・ド・ド・ソ」がそれに当たるそうです。

 

劇中ではその「レ・ミ・ド・ド・ソ」の意味ははっきりとは明かされておりませんが、『ソルレソル』の概念から言うと、文字の代わりに音の高さで表現し、対応するのはアルファベットではなく、独自の語彙や文法が当てはめられています。

 



UFOのカラフル発光にも意味があった?

「ソルレソル」は「ドレミファソラシ」の七音にそれぞれ対応する色があるそうです。

なので、宇宙人との交信の際の発光色に音と同じようにいみがあるのかと思い、調べてみました。

音と色の対応する意味は以下の通り。

「ド」=赤色・・・・・・「人」「食べ物」「機能」など

「レ」=オレンジ色・・・「服」「家」「家族」など

「ミ」=黄色・・・・・・「行動」「傷」など

「ファ」=緑色・・・・・「国」「農業」「戦争」など

「ソ」=水色・・・・・・「映画」「文学」「科学」など

「ラ」=青色・・・・・・「工業」「商業」など

「シ」=紫色・・・・・・「街」「政府」「警察」など

これらを組み合わせて単語や文を表現するとのことです。ろう者の人でも使えるようにハンドジェスチャーで表せ図形もありるそうです。

しかしながら、どういう意味なのかどうかは映画の中では明らかになっていませんでした。。

 

余談ですが、映画「陽の当たる教室」で耳の聞こえない愛息子のためにオーケストラを演奏するシーンを思い出しましたが、演奏は音と色をリンクさせていたのでまさにそれこそ「ソルレソル」ですね!

 

交信メロディを奏でたシンセサイザーはYAMAHAだった!

「未知との遭遇」のクライマックスでのUFOとの交信に使われたメロディを生み出したのはなんと「YAMAHA」の「SY-1」(1974年発売)シンセサイザーでした。

ヤマハのシンセサイザーの原点であったモデルだったとのことです。

 

私はシンセサイザーについて詳しくないので詳しい性能や機能の説明は省きますが、オーケストラ楽器系を中心に14×2音色だったそうですね。

 

とても古い楽器ですのでお目にかかれないとのことですが、映画の中では永遠に生き続けられる代物となったのは日本製楽器としては大変光栄なことだと思いました!

 



映画「未知との遭遇」のキャスト紹介

1978年2月25日 日本公開 上映時間 135分

<監督・脚本>スティーブン・スピルバーグ(アメリカ)

<原題>

「第三種接近遭遇」(Close Encounters of the Third Kind)アレン・ハイネック著タイトルのみ使用制作のアドバイザーとして参加しています。

<主要キャスト>

リチャード・ドレイファス(ロイ・ニアリー役)

フランソワ・トリュフォー(クロード・ラコーム役)・・フランスの映画監督・脚本家・映画評論家

テリー・ガー(ロニー・ニアリー役)

メリンダ・ディロン(ジリアン・ガイラー役)

デビッド・ロフリー(ボブ・バラバン役)・・・アメリカの監督・脚本家・プロデューサー・俳優

<受賞歴>

アカデミー撮影賞、特別業績賞 英国アカデミー・プロダクションデザイン賞受賞

 



映画「未知との遭遇」あらすじ紹介

バミューダトライアングルで行方不明となっていた飛行機や戦闘機が相次いで発見んされた。それは当時の原型をきれいに保っており、人々の目には奇怪に見えた。同時に世界各地ではUFOらしき物体の目撃情報が相次ぐ。

発電所に勤める主人公ロイは原因不明の大規模停電の際、発行するUFOと遭遇する。

それからは何かに取り憑かれたかのように、UFOの資料を読み漁り没頭し始め家族を困惑させ、ある山に固執し始める。

ある日バリー少年が飛行物体の集団に連れ去られ(アダプション)、フランス人UFO研究者のクロード・ラコームは彼らと直接コンタクトをとる『第三種接近遭遇』のプロジェクトを始動。

彼らから送られてきたデータは地上の座標を示しており、ワイオミング州のデビルスタワー(悪魔の塔)という山で、それはロイが頭の中で見ていた山であった。

 

そこにプロジェクトチームはUFOとの交信基地を設置。UFOとの交信に人々は息を呑む。そして発見者のロイは大勢の宇宙人に手を引かれ、宇宙へと旅たっていった。

 

映画「未知との遭遇」のデビルスタワーは実在した!

 

誰もが作り物のように見えて疑ってしまうような形の山「デビルスタワー」はアメリカ・ワイオミング州の北東部、ロッキー山脈の間にあります。

 

山自体はマグマによって出来た火成岩で出そうで、表面は溶岩が冷えて固まるときに起こる柱状節理によって垂直方向に筋が入っているんだそうです。

 

主人公がフォークで山の側面を引っ掻いて作っていましたが、その通りの形のままなのには驚きました。特徴のある岩肌はロッククライミングの聖地でもあるようです。

 

トレッキングとしても親しまれており、広大な草原に聳え立つ400メートルの高さは圧巻です。プレーリードッグの生息地だそうですよ。

周りには人口灯がないので、星空もとても綺麗で魅力は触れる場所です。



 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました